タイヤの交換−リアタイヤ編−

2005.4
リアタイヤの交換
1年半前に交換したTT100GP
センターのみ鬼減り・・・
走行距離 約8,000kmと思ったより減りが早かった?気がします。
峠道もあまり走らない事もあり、ハイグリップ(昔は)タイヤは
必要ないなぁ〜 と痛感。
そこで安価な DUNLOP K87 MK-2 \6,400をチョイス。
タイヤ・ホイールの取り外し
アクスルナットを緩め、スイングアーム端部のチェーンアジャスタの
ストッパーボルトを取り外すと、マフラーを外すことなくホイルの脱着
が可能である。便利だ・・・
当然トルクロット、ブレーキロットは外しておくこと。
チェーンの取り回しに気をつけて、知恵の輪気分で取り外します。
エア抜き
タイヤのバルブを外します。エアーが一気に抜けます。
チューブタイヤだとビートも簡単に落ちると思います。
今回は手や足で踏んで落としました。
工具
使用した工具は
タイヤレバー2本
リムプロテクター2個
何年ぶりに使うだろー と言う工具です。
タイヤレバーは先端部を耐水ペーパーで磨き、
相手方に傷が付きにくくしました。(15年ほど前に・・・)


タイヤ取り外し@
タイヤを取り外す前に、作業スペースとして下にゴムマットを
敷きました。(新聞紙、ダンボールもOK)
まず、最初はバルブ付近から始めます。
リムにプロテクターを付け、端の方からビートにレバーを引掛け
起こしあげます。
続いて順々にレバーでビートを起こし、プロテクターを移動させながら
外していきます。
チューブの取り外し
片側のビートが外れた時点で、中にあるチューブを
取り出します。
タイヤ取り外しA
ここが一番疲れた作業!
外れていないビート側から反対側のリムをテコにしてビートを
外します。
リムプロテクターをレバーがあたる部分に取り付け、
「気合と根性で(`・ω・´)」ギュー!
昔は簡単に取れたのですが・・・ コツがあるのです。
リムの掃除
スポークからの保護用にあるリムバンドを取り外すと
結構錆が浮いている場合がある。
錆は金属ブラシで落とし、クリア等の塗料で防錆しておきます。
タイヤの取付け@
リムにリムバンドを取付けます。
リムにタイヤを乗せて、写真で見ると手前側のビートは
入るところまで入れておきます。
残り部分をレバーでこじ入れます。
片側のビートが入った時点で、タイヤの軽点(黄色いマーク)を
バルブ穴(一番重くなる位置)に合わせます。
次にチューブを入れ、手探りでねじれ等ないか確認しておきます。
タイヤの取付けA
チューブのバルブをホイールの穴に仮止めしておきます。

次に片側のビートを入れますが、まず、バルブの反対側の
ビートから入れていきます。
(このときはまだ軽い・・・)
タイヤの取付けB
半分ほど入れた地点で、膝でタイヤを押さえ込み
残りの部分に取り掛かります。
結構ここも「気合と根性で(`・ω・´)」ギュー!
ビート出し@
タイヤを全周にわたりバウンドさせ、ビートとチューブの位置を
なじませます。
次にビート部に中性洗剤を水で薄めた液を薄く塗ります。
ビート出しA
エアを入れ全周にわたりビートが出ているか確認します。
結構空気を入れますので、足踏みポンプでは疲れます・・・
(;´ρ`)
タイヤのバランスとり
タイヤをリアのアクスルシャフトに仮止めし(チェーンは付けちゃだめ)
タイヤを軽く回してみる。
毎回同じ位置が下に来るようならその反対側(上)にウエイトを
仮付けしていきます。
何回か繰り返し、特定の位置で止まらなければOK!
仮止めしたウエイトを本付けしておきます。
タイヤ・ホイル取付け
あとは外した逆の順序で取り付けます。

お疲れ様でした!


1,500 mile